発達障害の方へ配慮すべき事項の事例

発達障害

発達障害の特性を知ること

まず、発達障害は発達障害者支援法において、脳機能の障害であるとされています。

そして、人によって障害の程度が様々であり、全員が同じ症状ではない、ということです。

大まかな分類としては、

  • 自閉症スペクトラム
  • アスペルガー症候群
  • 学習障害
  • ADHD

などに分けられますが、その症状、組み合わせなどは個人によって違い、複数の症状が併発している可能性があります。

例えば、「コミュニケーションに難がある」と一口に言っても、それが何を原因とするかは千差万別なのです。

  • 他の人に伝えるのが苦手、あるいは他の人の言うことを読み取るのが苦手
  • こだわりが強いため、興味が極めて偏っていることから起きる社会性の低さ
  • 暗黙のルールが分からない
  • 質問するタイミングが分からない
  • 注意されたことで、相手が自分を適ししているように感じてしまう
  • 変化を恐れる
  • 五感が鈍かったり、体が不器用だったりする
  • 思いつくとすぐに行動してしまう

症状は”一人ひとり違う”と理解し、その人にあった対応をしていくことが重要です。

配慮すべき事項の例

個人の特性を知っていれば、仕事の指示の出し方などにも工夫をすることができます。

例えば、変化を恐れたり、質問するタイミングが分からなかったりするようであれば、下記のような事項に配慮する必要があります。

  1. 守るべきルールを、文章や図にして具体的に示してあげる
  2. 作業の時間、工程はあらかじめ定めておき、変更がある場合は早めに指示する
  3. 質問をするべき人を明確にしてあげて、定期的に質問を募る

もし不安が取り除かれなければ、他にも配慮してあげられる事項がないかも検討してみましょう。

繰り返しになりますが、重要なのは「一人ひとりにあった対応」を心がけることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました